脇 黒ずみ

脇やひじ膝の黒ずみ対策|黒ずみを消すにはこの方法

気になる黒ずみの解消法をまとめています

シミの塗り薬はこう活用

脇や膝の黒ずみ、この黒ずみのもととなるのが 摩擦などの刺激でできてしまったメラニン色素。

 

メラニン色素というと お顔などのシミの原因になるものです。

 

ですので、脇の黒ずみ専用のジェルクリームを使うのではなくて、シミ用の塗り薬を使ったほうがいいのでは?という声もあります。

黒ずみをファンデーションでカバー

お肌の黒ずみは ゴシゴシ擦らずに 毎日保湿などをしながらケアしてゆく必要があります

 

これは かなり根気のいることで、効果が実感しやすい黒ずみ用のケアクリームを使っても 最低でも2か月程度はみないといけません。

 

残念ながら 数日で黒ずみが無くなる、ということはありません。

 

まだケア途中でも ひざが出るスカートを履いたり、ノースリーブを着ることがあるかもしれませんね。

黒ずみケアをはじめたら、気をつけたいこと

脇やひざの黒ずみ、専用クリームやジェルなどでケアをはじめているという方が 気をつけたい点をまとめました。

 

kiwotuketai

 

お肌のシミ対策にはお薬の活用を

体の黒ずみだけでなく、お顔などにできるシミも気になりますよね。

シミができる原因はさまざまで、ひざなどの黒ずみと同様に 肌の摩擦が原因でシミができることもあれば、紫外線によりメラニン色素ができることが原因になることもあります。

 

 

kaosimi
このシミ対策ですが、ボディの黒ずみと同様に 保湿、そして美白成分を補給するというケア方法があります。

間違えた黒ずみケアとは

わきやひざなどの黒ずみをどうにかしたい!と思っていても 間違えたケアを続けていては逆効果ですよね。

 

よくあるのが 黒ずんでいる箇所を ゴシゴシとこすり洗いをするという方法。

 

黒ずんでいるところを削ぎ落とせば、ということで こすってしまう発想は 実は逆効果。

 

お肌にとって刺激となり 角質が黒いまま厚くなってしまう原因になります。

 

skincare090201
ですので 黒ずみはこすってはいけません。

ワキの下の黒ずみと脱毛

脇の黒ずみをひきおこす原因はさまざまですが、一番多いのがムダ毛の自己処理トラブルです。

 

カミソリや毛抜きでのケアはお肌に負担になります。

 

これを長年続けることで お肌に色素沈着が起こり 全体的に黒ずむようになってくるのです。

 

脇の黒ずみ対策
黒ずみがひどくなると 全体的にムダ毛があるような印象すら与えてしまいます。

 

となれば、脇の黒ずみを解決するには 保湿と美白ケアの他に こういったムダ毛のケアも見直さないといけませんね。

ワキの黒ずみを消すには

ワキの下の黒ずみ!

 

ワキの下は刺激や摩擦などの影響で色素沈着を起こしやすい箇所です。

 

そしてカミソリなどで肌を傷めることで黒ずみがひどくなってゆきます。

 

このような黒ずみの原因は メラニン色素。

 

黒ずんでしまったら その箇所を美白してゆく必要があります。

 

脇の黒ずみには保湿と美白

 

脇の黒ずみ
お肌の美白の基本は 脇や膝も お顔の美白も同じです。